季刊誌東京荒野
http://tokyokouya2015.web.fc2.com/
原稿のご依頼、その他お問い合わせはtokyokouya@gmail.comにお願いします。

仕事。まるで気違いのように座標をとり、これによって後工程にさく人員を減らせるとなれば、これは紛れもなく殺人で、つまり仕事が減っていくから人口は減り、代わりに機械が幅を利かせている。ああもうすでに文明による復讐ははじまっているのですねと先輩に言ってみると、いや、少子化の原因は女性の社会進出が大きいと思うよと真面目に返され、ぐうの音も出ませんでした。三十度。

009_01
季刊誌東京荒野第九号の入稿も終わり、何もかも見直さなくてはと思って色々見直しています。
ホームページ、ニュースの流し方、ブログ、雑誌レイアウト、表紙デザイン、編集方針、自分の作品…。
また1から苦しみなおし、第十号にのぞみます。
第九号は5月31日発行です。よろしくお願いいたします。(はっとりさんの作品タイトル、春獄殺!!)

image

仕事。終わって無善寺。ミキさん、ちひろさんと会うのも久しぶりだったが、桑原さんに会うのも久しぶりで、息子さんの写真を見せてもらった。死ぬほどかわいかった。息子が生まれたら名前はコーヤだな、という話になり、悶絶。息子、息子かぁ。いないのにこう書くといるような気がしてしまう。北村さんとゲッキーさんともお会いした。鬼頭くんもいた。湯原くん、ムード歌謡でなくては癒せないものがあるよと、ムード歌謡のCDを蛇口さんからもらって早一年。ちょっと待ってと引き留めて、ガサゴソと出してくれた裸のCD。宝物でしかない。

↑このページのトップヘ