季刊誌東京荒野
http://tokyokouya2015.web.fc2.com/
原稿のご依頼、その他お問い合わせはtokyokouya@gmail.comにお願いします。

帰省、のち高円寺。散々歩き回ったせいか頭が痛い。こんな時GPS付きの首輪があればなぁと思い、検索してみたらやはりあった。きっと作った人は猫だか犬だかを迷子にしたことがあるんだろう。というように人には教訓を活かすことができるが、しかし俺は意図して極力過去を活かさずに生きてきた。これからもそうしたいと思っているが、GPS首輪だけは買おうと思った。自販機以外、コンビニ以外、蛇口以外の飲み水のなさに絶望する。

仕事。終わって茨城へ。実家の猫がいなくなったのが5月28日。早く教えてくれればいいものを一昨日あたりにそれを聞いたので急ぎ帰って歩き回る。いくらよく知っている道だとはいえ、改めて歩けば何も知らなかったなぁと気づかされるが、今はそのために歩いているわけじゃない。ふと目があったスズメや犬やカラスに、ミーちゃん見ませんでした?と聞いてまわるがフルシカト。茨城県阿見町です。もし見かけたらご連絡ください。

仕事。終わって帰宅。夜中に雨。最近は雨が降っている時に外にいないなぁと思う。昨日いただいた寛さんの本を読みながらPi。このPiに収録されている「あれから」、またはPOPに収録されている「青氏」には僕と馬野ミキさんの名前が出てくる。二年前の正月に実家の車の中で母と寛さんの歌を聞き、「ここがいいんだよ、わかるだろ?」と言っていた寛さんの歌。または、十九歳の時に友人から「夢は夜ひらく」を貸してもらい、目覚ましにセットしていた寛さんの歌に自分が出てくるということがどういうことなのかわからない。恵まれているとただただ思う。油くさい陰茎は聖なる男が清めてくれる。

↑このページのトップヘ